~製造業の末端で生きる~

現場で使える機械加工屋の表面粗さ一覧表(新旧JIS対応表)【切削,フライス,マシニング,三角,Ra,Rz,Ry,▽など】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
signal

現場で

いろいろな企業の

いろいろな図面を扱っていると、

表面粗さの表記方法もバラバラです。

  • 仕上記号(三角記号)を使う
  • Ra表記
  • Rz表記
  • Ry表記

などなど。

会社や図面によって旧JISのままで放置。。。なんてことは

普通にあることです。

 

そこで、現場で使える表面粗さの一覧表を作成しました!

最新JISと旧JIS、三角記号など、新旧JISがどれがどれに

対応するのかわかりやすくしております!

(すぐ忘れるので自分で使いたいだけ・・・)

現場の機械加工作業者がいちいちRaやらRzの数値がどうとか

丸暗記するのめんどうじゃないですか!?

フライス、マシニング、旋盤などなど機械加工・切削加工の

現場で使用いただけると幸いです。

 

Sponsored Link

表面粗さ一覧表(新旧JIS対応表)

 

仕上記号

(三角記号)

表面粗さパラメータ 仕上レベル
Ra

算術平均粗さ

Rz(旧Ry)

最大高さ粗さ

Rzjis(旧Rz)

十点平均粗さ

▽▽▽▽ 0.2 0.8 0.8 精密仕上げ

(切削でなく研削!?)

▽▽▽ 1.6 6.3 6.3 上仕上げ
▽▽ 6.3 25 25 並仕上げ
25 100 100 荒仕上げ
除去加工なし(素地のまま使用)

 

※Ra,Rz,Rzjisは【JIS B 0601:2013】を参照。

 

 

 

三角記号について

1952年に制定されたらしい。どんだけ古いねん!w

現在は廃止されています。。。が、実際の現場では

現役絶賛活躍中! です。

むかーしむかしに作図されて今でも改訂がされていない図面なんかは

そのまま使われていますし、会社の作図部隊が古い慣習の会社ですと

規格の廃止はなんのその、そのまま現在でも使われています。

実際、わかりやすいしねw

呼び方はいろいろあるようですが、一般的には

▽(一発)

▽▽(二発)

▽▽▽(三発)

▽▽▽▽(四発)

と呼ぶようです。

三角マークが多くなるにつれて仕上げ面精度が良好になります。

 

表面粗さパラメータについて

これもちょいちょい変わっているようで、現在の最新JIS B 0601:2013では

平均算術粗さ・・・Ra

最大高さ粗さ・・・Rz(旧Ry)

十点平均粗さ・・・Rzjis(旧Rz)

 

※旧はJIS B 0601:1994及びJIS B 0660:1998

 

RyがRzになったりRzがRzjisになったり、よくわかりませんw

その都度図面に出てきた記号がどの年代のJISを適用しているのか、

そのJISから表面粗さはどの程度になるのか調べる必要があります。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Link

 

 


町工場の経営やマシニングセンター加工についてご質問受付中!!
 
初歩的なことも大歓迎です。
 
一緒に問題解決していきましょう!  

下記問い合わせページよりお気軽にご連絡下さい!

http://alife-blog.com/contact/  
この記事を書いている人 - WRITER -
signal

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© signalの町工場経営とマシニング加工 , 2020 All Rights Reserved.