~製造業の末端で生きる~

センタードリルは必要か?使う理由は?センタリング・もみつけはマシニング加工では不要!?呼び方・名称・形状の紹介と解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
signal

マシニングセンターで穴加工中。

ドリル加工の前にセンタリング・もみつけを

していると、

 

これ、いらなくね?

 

と思いませんか?

だってわざわざセンタードリルにツールチェンジして

ワークに「ちょん」って触るだけですから。

 

そんなセンタードリルの必要性について記事にしてみました。

 

Sponsored Link

呼び方・名称

センタリング・もみつけをする工具には色々な呼び方がありますね。

わかるものを並べてみます。

 

  • センタードリル
  • ポイントドリル
  • リーディングドリル
  • スポッティングドリル
  • NCスポットドリル
  • スターティングドリル

 

メーカー・形状などで様々な呼び方・名称があります。

 

形状について

センタードリル

センタードリルは元々、

センター穴と呼ばれる穴をあけるためのものです。

※センター穴・・・旋盤などで円筒旋削する場合などにワークを支持するため

素材の中心にあける穴のこと。

 

しかし、マシニングセンター加工ではこのドリルが短くて剛性があることから、

穴加工前に位置決め・面取りをするために使用します。

形状は以下の画像を見て下さい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弥満和製作所 YAMAWA ヤマワ センタードリル90° CE-Q-2
価格:1298円(税込、送料別) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

 

刃先径、刃先の長さ、面取り角などで

さまざまな種類のセンタードリルがあります。

 

ポイントドリル

ポイントドリルはセンタードリルの刃先ドリル部分の折損トラブルを解消するため、

先端の刃先ドリル部分ををなくしたものです。

センタリング・面取り専用の工具となります。(メーカーによってはV溝加工も出来る)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弥満和製作所 YAMAWA ヤマワ ポイントドリル PE−90°
価格:1775円(税込、送料別) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

 

 

どんどん行きます。

リーディングドリル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーエスジー TINNCLDS6X90 リーディングドリル【TiNコーティング】
価格:2505円(税込、送料別) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

 

 

スポッティングドリル

 

 

 

NCスポットドリル

 

 

スターティングドリル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマワ スターティングドリル シャンク6 全長66 センタ穴90° NCSDV6
価格:2143円(税込、送料別) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

おわかりいただけただろうか?

  • リーディングドリル
  • スポッティングドリル
  • NCスポットドリル
  • スターティングドリル

これらについては、メーカーによって呼び方・名称が違うだけ

形状はみな同じようなもので、位置決め・面取り専用のドリルというわけです。

ちなみに私はOSGをよく使うのでセンタリングの工具といえば

リーディングドリルという言葉が一番しっくりきます。

 

Sponsored Link

センタードリルを使う理由

センタードリルを使用する

理由を箇条書きにしていきます。

  • 高精度の穴位置決め(センタリング)
  • 面取り
  • 深穴加工の際、穴の曲がり防止(食付き精度向上)
  • 穴径精度向上

なにか他にある際は追記しています。

 

センタードリルが必要なケース

マシニングセンターでの穴加工において、

センタードリルが必要なケースはどんな場合か?

  • 穴位置寸法公差が厳しい
  • 穴径公差が厳しい
  • 穴に面取り指示がある
  • 穴加工する面がザラザラしている(鋳物など)
  • 穴加工する面が傾いている(フラットでない)
  • リーマの下穴加工

このようなケースではドリル加工の前にセンタードリルで

センタリングしたほうが良いでしょう。

 

センタードリルが不要なケース

センタードリルでの加工は

ないほうが加工時間が短くなるので、

不要であればなくしたいですよね。

私の経験上、センタードリル不要と考えられるケースはこちら。

  • 穴位置寸法公差が一般公差
  • 穴径公差が一般公差(キリ穴など)

※ドリルの性能、加工面の状態によります。

アルミ板などのフラットなツルツルした面に、

キリ穴を空ける場合、基本的に私はセンタードリルでの

位置決め・もみつけは省略してしまいます。

穴径に公差が入っていたり、穴位置寸法公差が±0.2より高精度である場合など、

「あーしょーがないからリーディングドリルでセンタリングするかー」

というかんじです。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

signal

 

 


町工場の経営やマシニングセンター加工についてご質問受付中!!
 
初歩的なことも大歓迎です。
 
一緒に問題解決していきましょう!  

下記問い合わせページよりお気軽にご連絡下さい!

http://alife-blog.com/contact/  
この記事を書いている人 - WRITER -
signal

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© signalの町工場経営とマシニング加工 , 2020 All Rights Reserved.