~製造業の末端で生きる~

角Rと隅Rの違いって? 今まで気にしてこなかったので調べてみました

2018/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お仕事お疲れ様です。

signalです。

先日お客様から頂いた見積り案件で、マシニングセンターで加工をすると

どうしても角にRが付いてしまう加工内容があり、お客様に説明する資料を作成中に、

「角Rが付いてしまいます」

???

「隅Rが付いてしまいます」

???

どっち使うの?

となってしまいました。

今までは対して考えもせず「角R」を使っていましたが、

ふと「隅R」が頭に浮かび、どういう使い分けをするのか気になったので

調べてみました!

Sponsored Link

角と隅の違い

 

角(かど)・・・物のはしのとがって突き出た部分。

隅(すみ)・・・囲まれた区域のかど。「部屋の四―」「書類の―を綴じる」

引用:goo辞書

これより、

角(かど)は凹凸でいう凸のコーナー

隅(すみ)は凹凸でいう凹のコーナー

ということでしょう。

これにRを付けるとどうなるか。

 

角(かど)R・・・凸部分のR。外周加工などで成形されるコーナーのR。

CADで書いてみると

 

 

隅(すみ)R・・・凹部分のR。穴やポケット加工などで成形されるコーナーのR

CADで書いてみると

 

いかがでしたでしょうか?

今までテキトーに使っていましたがこのように使いわけができるようです。

 

マシニングセンターの加工をわかっている人が設計した部品ならばRが出来てしまうことを

考慮して部品設計してくれますが、現状、現場を知らない人が図面を書くこともしばしば。

設計上、Rがあっても問題ない部分に、わざわざRを除去するために工程を増やしたり、

Rを小さくする加工を追加するのは無駄な作業が増え、単価が高くなってしまいます。

今回覚えた「角R」と「隅R」を使い、お客様とR加工について調整出来れば

VA提案としてお客様側で受け入れてくれる可能性もあります。

 

ぜひ、参考にしていただければうれしい限りです。

Sponsored Link

 


町工場の経営やマシニングセンター加工についてご質問受付中!!
 
初歩的なことも大歓迎です。
 
一緒に問題解決していきましょう!  

下記問い合わせページよりお気軽にご連絡下さい!

http://alife-blog.com/contact/  
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© signalの町工場経営とマシニング加工 , 2018 All Rights Reserved.